毬藻工場ポケモン部

ポケモン  チャット→http://marimokoujou.chatx2.whocares.jp/ Twitter→@marimo6_5_3

PGL JapanCup2014~サンダー頑張った~

54戦35勝19敗0分1700行った
1703でした!(5/9 13時頃ランキング発表)

f:id:marimo-pokemon-marimokojo:20150215094848j:plain

モロバレル♂@ごつメ NN:はまだ
図太い V-VVVV 再生力
努力値 H252 A0 B60 C0 D0 S196
実数値 H221 A- B107 C105 D100 S75
S Rayさんメガクチート抜きプクリン抜き
ギガドレイン、怒りの粉、キノコのほうし、守る

 Sにかなり振ってるのは、WCS2013で海外プレイヤーが使ってた最速モロバレルからとった。カロブでは最遅ギルガルドが結構いるから、そのS+1の59がいいかなってまず思った。けど、気になるのがメガクチート。バカみたいな火力もってるメガクチート抑えるにはそれなりのSが必要で、結局上記のように振った。するとファミ通カップでめっちゃ活躍してくれた。クチートギルガルドに上からキノコのほうしまけてgood
 ところが、ジャパンカップでは自分のptを圧縮してしまうという結果になった。というのも、ヒートロトムファイアローの増加。また、集中攻撃を受けやすく、特にスカーフボーマンダサーナイト、素早いギルガルドにはかなり苦労した。

ファイアロー♀@命の珠 NN:ひノとり
意地っ張り VVV-VV 疾風の翼
努力値 H44 A252 B0 C0 D0 S212
実数値 H159 A146 B91 C- D89 S173
フレドラ、ブレバ、鬼火、守る

 過去のジャンフェスで使ってたファイアローの配分を変えた。同時に、ウォッシュロトムが大量にいたしファストガードより守るが恋しくなっていた。
 安定のA252。で次に取り掛かったのがS。最速ガブリアス抜く程度(188)にSに振って残りをHに振る(68)とH実数値が162で美しくない。それで上記のようになった。やっぱり、先制で大ダメージを与えられるこの特性はとても使いやすい。しかも、ファストガード使えるポケモンがいても使ってこなかった。
 変化技の鬼火なんてメガガルに負けるし優秀。

■サンダー@防塵ゴーグル NN:BillyZap*
控え目 24 13 UVVV
プレッシャー
努力値 H232 A0 B32 C124 D84 S36
実数値 H191 A90 B109 C177 D121 S125
H-B
攻: メガクチート Lv.50
防: サンダー Lv.50
   ダメージ: 160~189 割合: 83.7%~98.9% 回数: 確定2発
S 最速バンギ抜き
10万、めざ氷、充電、はね休め
 今回のキーポケモン。2月から厳選し、個体が準備できたのは初日。しかし、たいしてHの個体はよくない。そのうえ、防塵ゴーグル持っているがHが16n-1。
 Dは充電でDを上げつつ、ブレードギルガルドのシャドボを耐え続ける。
 Bの基準はやっぱメガクチート。HとBの努力値の合計264。H248 B16(実数193-107)では6.3%だがサンダーが落ちる。上記のようだと確実に耐えてくれる。
 実際に回してみると、Cを削ってSに回したかった。Sに多く割いてるFCロトムがいたからだ。実数値C180まで振ればH4ボーマンダが倒せるが、それだとSが不安。最終的には、横のポケモンと組み合わせて、めざ氷でボーマンダガブリアスを倒すようにした。
 充電という技も面白い。Dが上がるし、次に打つ電気技の威力が2倍。ウォッシュロトム、3割りほど削ったギルガルドに決定打をあたえる。
 乱数の偉大さを再確認できたポケモン

ギルガルド♀@食べ残し NN:ワルキューレ
冷静 V-VVV0 バトルスイッチ
努力値 H252 A0 B4 C252 D0 S0
実数値
シールド
H167 A- B171 C112 D170 S58
ブレード
H167 A- B71 C222 D70 S58
シャドボ、ラスカ、ワイガ、キングシールド

 ワイドガードの遺伝が大変だった。何度、いわなだれ、じしん、だくりゅうなどの複数ヒット技を防いできたのか。特に、ラスト、HP4割りのガブリアスとHP半分程度の我がギルガルドが対面して、ワイガしてるだけで勝った試合をした。
 Sについては、自分が使ってるモロバレル同様、Sに多く割いたのに翻弄された。

ガルーラ♀@ガルーラナイト
意地っ張り VVV-VV
AS252H4
H181 A161 B100 C- D100 S142 きもったま
H181 A194 B120 C- D120 S152 おやこあい
恩返し、アムハン、不意打ち、守る

 上から物理で殴る。pt的にバンギラスが重くなったから、アムハンでつぶす。初手でだして、相手の威嚇を受けてもゴリゴリ削れて、すごいポケモンだな。メガガルーラ。ただ、S252振りなら陽気にすべき。ガルーラ対面でアムハンするため。意地っ張りのままなら、A252 S最速メガバンギ抜き 残りHがよかったかも。

ガブリアス♀@ラムのみ
陽気 VVV-VV サメ肌
努力値 H4 A252 B0 C0 D0 S252
実数値 H184 A182 B115 C- D105 S169
地震、ドラクロ、岩雪崩、守る

 カロブが始まって、ガブリアスにごつメ持たせた方も多かっただろう。だが、それも鬼火持ちのポケモンの増殖をスペレで確認した私は、すぐにラムを持たせる。最終的にはガブリアス=ラムのみというイメージになったと思う。無振りでも謎の耐久を有するガブリアスは、やっぱり主人公。

~まとめ~
 初めてまとまった時間がとれて真面目に取り組めた大会だった。去年のジャパンカップなんて、部活の合宿強制参加だったし、4戦しかしてない。初めての割りにがんばったのかな。レート1700における客観的な評価が欲しい。ファミ通と違って4日間、かつ、オフ会勢の参加もあって、32位ボーダーは1800だと思ってた。だが、この記事を書いているとき(20140506 2時)、twitterより、勝手に32位ボーダーは1830だと思ってる。
 初日の5/2はこのサンダーが大活躍し、10戦9勝1600エンドという好スタート。ところが、2、3日目は、モロバレルがぼこぼこにやられて、1500を下回る試合を2試合経験した。結局1500は下回らなかったが、ひやひやした。
 選出負けした試合も、勝ちした試合もあり、私の幸運の連続で終始優勢で試合を運んだのもある。だが、負け試合の大半は、「ここで急所ひからなかったら勝ち確!」「ここでひるまなかったら勝ち確!」の場面でよく追加効果ひかれたものだ。運も実力というし、素直に諦める。初手で出し負けても、後のプレイングで巻き返した試合も何度もした。ポケモン、楽しい。
 pt修正として、上から殴れるポケモンが欲しい。モロバレルサザンドラ@スカーフor特殊バンギラス@スカーフがいいかも。私自身かなり気に入ったptだった。
 カロスダブルは、種族値にとらわれず構築、プレイングがものをいうルールだった。楽しめるルールだった。

~今後~
 学部3年。カロブをずっと嗜みつつ、8月のワシントンでのWCS楽しみにしていよう。